震災から5年、東北のNPOが財政難で存続の危機に

2015/10/30 NPO・CSR ライター 辻陽一郎


東日本大震災から4年7ヶ月。宮城県石巻市では震災以降たくさんのNPOが復興支援活動を続けてきた。しかし、時が経ち関心も薄れていき、復興支援のあり方も変わっていく中、行政や企業からの助成金が得られなくなってきた。東北では、自主事業や寄付金を財源とするよりも助成金を主な活動費としている団体が多いため、活動継続が難しく事業中止になってしまうケースも増えている。

この事態にいしのまきNPOセンターが主体となって、NPO連絡会議を設立した。連絡会議では、宮城県のNPO法人など60団体ほどが集まり、情報交換や研修を行いながら団体を続けていく方法を検討していく。来年3月11日は震災後5年を迎える。今後の東北でのNPO活動のあり方がいま、岐路に立たされている。

31日に、「石巻市NPO連絡会議 キックオフミーティング」が石巻専修大学で開かれる。

石巻市NPO連絡会議 キックオフミーティング
日 時:10月31日(土) 14:00~16:00(13:30開場)
場 所:石巻専修大学 4号館4102教室
講 師:渡辺一馬氏(一般社団法人ワカツク代表理事)
内 容:基調講演、パネルディスカッション、懇親会 ※講演終了後4103教室で懇親会を開催(会費500円)
主 催:NPO法人いしのまきNPOセンター
連絡先:NPO法人いしのまきNPOセンター事務局
〒986-0832 石巻市泉町3-1-63 TEL:0225-23-0851 FAX:0225-23-3641 
URL:http://ishinomakinpocenter.jimdo.com/


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2015/10/30