ランドセルをアフガニスタンで活動するNGOに寄贈しませんか?

2017/09/10 NPO新聞編集部

ランドセル 

ランドセル Image credit:MIKI Yoshihito


思い出が詰まったランドセル、押し入れに眠っていませんか?アフガニスタンで活動する国際協力NGOのジョイセフ(東京・新宿)は、日本でランドセルの寄贈を募って、アフガニスタンの子どもたちに届けています。

2004年からプロジェクトを始め、これまでに17万個のランドセルを届けています。アフガニスタンではテロが続き、治安も悪化の一歩をたどっている状況です。教育を受けられない子どももたくさんいます。

ランドセルは学校へ通うという子どもの象徴です。ランドセルを受け取ることで、親の意識が変わり、学校へ通えるようになったという子どももいるといいます。

ランドセル用の素材を生産するクラレも社会貢献の一環として、ジョイセフと協働して、ランドセルを集めています。クラレの「ランドセルは海を越えて」プロジェクトの場合、アフガニスタンまでの送料はクラレが負担します。

時期によってキャンペーンの内容が異なるので、チェックしてみてください。

ジョイセフ
https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/support/omoide_ransel/
クラレ
http://www.omoide-randoseru.com/home.html


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2017/09/10