日本は出遅れた?第1回パリ協定締約国会合(CMA1)とは

2016/11/15 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

photo by Climate Alliance Org


モロッコのマラケシュで11月7日から18日にかけて、第22回国連気候変動枠組条約(COP22)が開かれている。11月15日の夜には「第1回目のパリ協定締約国会合」が始まる。2015年に世界196ヶ国が温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという目標に同意した歴史的な「パリ協定」に関する初の会議だ。

第1回パリ協定締約国会合では、批准していない国が参加できる方法や、パリ協定を効果的に進めていくためのルール作りなどについて議論する。

COP21で、世界195ヶ国が合意したパリ協定とは?
気温が4度上昇!温暖化で地球に起こるリスクと対策は?

世界が気候変動への危機感を感じていることからアメリカや中国、インドなど温室効果ガス排出量の多い国がこぞって批准したことで、パリ協定は11月4日に発効となった。しかし、日本は国内での批准が間に合わず、第1回目のパリ協定締約国会合にはオブザーバーとしての参加となる。

批准の遅れだけではなく、日本は石炭火力発電所を増設など二酸化炭素の26%削減目標を達成する方針が不明瞭だ。


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/11/15